CAD 資格取得方法

CAD(キャド)とはパソコン用の製図ソフトの事をさします。

さまざまな設計図を作成される方の多くがCADを利用しています。

これまでは大きなジアゾ用紙などに図面等を書き込みすることが多かったのですが、CADを導入することで図面を描く机などのスペースを省く事ができますし、パソコンの画面上で図面を立体化させることも可能になります。

このCAD技術の向上に向けて、CADオペレーター資格としての「CAD利用技術者」という認定試験が存在します。

CADを独学で学ぶ方も多いのですが、多くは専門学校等でCADについて学んだ方が資格を取得して就職に有利になる様にスキルを身につけているようです。

CAD利用技術者の試験は学歴や受験資格などは必要ありません。

試験は1級と2級の二つの級からなっており、2級は筆記のみ、1級は筆記と実技での試験が成り立っています。

CAD利用技術者の合格率は低く、1級はCADを利用した実務経験者でないと合格が難しいといわれています。

CADを用いたトレース技能資格などもありますので、通信教材などを利用してCADに関してスキルを磨かれることをお勧めします。

先述のCAD利用技術者・CADトレース技士のほか、AutoCADオペレーター試験・AutoCADマスター試験などというようなCADソフトに関しての技術者試験なども多く存在しています。

また建築系分野・機械系分野などの資格も細分化されていますので、あなたが普段使用しているCADソフトに合わせ的を絞った勉強をすることでCAD資格取得に向けて前進していくことでしょう。

 

資格取得を目指している人集まれ!CAD資格あれこれ