名義貸し商法って?

クレジットカードを利用した犯罪に、名義貸し商法というものがあります。

通常、クレジットカードはクレジット会社所有のカードが貸与され、会員本人のみが使用できます。

そのため、原則として他人に貸与することや、質入れすること、譲渡することはできません。

仮にそのような行為があった場合は、当然規約違反となります。

また、ショッピングクレジットで、買主として名義を貸与する行為が見受けられることもあります。

クレジットカード会社は、カードで購入した商品が実際に買主に渡されてたか、買主がカード保有者本人かどうか、直接確認したり、面談することはありません。

そのため、多額の借金を背負った人や資金繰りに困った人が、売買契約を装ってカード会社から代金相当額の支払いを受ける行為が発生します。

この行為のことを名義貸しと呼んでおり、それによってお金を稼ぐのが名義貸し商法なのです。

名義貸しの定義は非常に広いものの、突き詰めて考えると、他人の名前を本人に無断で勝手に使ってしまうことです。

もちろん、名前を利用された他人には、全く知らない話であり、かつクレジットカード契約に対する意思は全くないため、支払能力や義務も生じません。

しかも、クレジットカード会社は、支払能力がない人に対して催促や請求行為を行うことができないようになっています。

この盲点を付いたクレジットカード被害や商法の犠牲者にならないよう、決して他人にクレジットカードを貸したり、渡したりしないようにしましょう。