ほけんの窓口での契約を解約する方法は簡単?【ほけんの窓口Q&A】

2017年4月の金融庁からの指導により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の情報を調べてから選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというようなトラブルの経験や気持ちになったことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に説明が足りない状態で条件に合わない保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、病気の治療で入院して保険金を請求したら告知義務違反で保険料の支払に応じないこともあるそうです。

こういったトラブルが起きた時にどうしたらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士を頼ってみてください。

保険の見直しというと店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと面談は直接会ってするものが多いですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

流れをたどってみますと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

通話料もかからないとのこと。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

よく広告などで見るほけんの窓口の保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

相談者が契約した時に初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し紹介者の説明スキルがわかりやすくなるなど良い面ばかりです。

なので、現状の保障内容が最適だと判断したら別の保険を勧めたりもしません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

ほけんの窓口の保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

ほけんの窓口の保険無料相談サービスを利用しようと思い申し込みをしたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

引用:http://www.colorsbrella.com/soudan/kaiyaku.html

そもそも無料で相談をしてもらえるのはFPにFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件は優先順位が低くされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか、保険ショップの利用をお考えください。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、テレビなどでよく名前を聞くような会社のお店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

名の知れた会社は駅前やショッピングモールの中など、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で営業している場合も多いので、利用しやすいと思います。

自分一人しかいない家に呼んだり、ファミレスなどでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

簡単に言ってしまうと保険会社がFPさんやその紹介会社にお金を払っていて、契約が成立した際に販売等に関する手数料が発生するそうです。

つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとってはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、見込み客との接点が得られるので、利害関係が一致しているということですね。

保険料を節約したい!でも、時間を決めて相談に行く余裕がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

ほけんの窓口の保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、メールに書いてある説明がわからない、こちらが伝えたいことの十分に伝わっていないと思ったときには、電話で直接相談することも可能です。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院にかかった際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で保証が受けられるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

保障内容が気になる方は、ほけんの窓口の保険無料相談サービスでも内容を紹介をしていますので相談してみましょう。

将来の人生設計を考えて保険の加入を考えている方、契約を考えているなら相談するサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスを選ぶ方法もあります。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、ほけんの窓口の保険無料相談をした後にアンケートへ回答するなど条件を満たすともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちを持ってしまう方もいると思います。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そんな場合に上手に活用したいのが、無料相談です。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

数千円ほどのところが多いようですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。

プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、話がうますぎるくらいです。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、Mなどで耳にするほけんの窓口の保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用したいと決心しても保険の知識がなくても騙されないの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

費用が0円の保険相談を利用する際には、本当なら受けるもやめるも自由にして良いのですが、細部まで丁寧に説明してもらったり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、やめると言い出しにくく感じることもあるかもしれません。

お金のことですし、すぐに決められないということもあるでしょう。

例えばうまくいく断り方としては、決めたら連絡するので連絡はいらない旨をきちんと伝えましょう。

それでも強引な勧誘がある場合は専用の窓口に連絡しましょう。

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を忘れているという人も多いのではないでしょうか。

ほけんの窓口の保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが紹介してもらえたという話も多いです。