育毛剤は髪を太くする効果もある?

【育毛剤には髪を太くする効果もある】AGA(男性型脱毛症)なると髪が脱毛するだけでなく、生えてくる髪も10%ほど細くなると言われていますが、そうなると全体として髪が10%減ることと同じことになります。

ということは育毛剤には細くなった髪を太くする効果も備えていなければなりません。

では育毛剤を使った髪の毛を太くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

<髪の毛を太くする方法>①育毛剤や育毛サプリメント、あるいは育毛シャンプーなどを使うことにより、時間をかけて髪の毛自体を太くする。

②ボリュームアップシャンプーやヘアクリームなどを使って一時的に髪の毛を太く見せる。

なおシャンプーは良質なものの使用をオススメします。

髪の健康を保ち、太さを維持するためにはシャンプーの質が大きく関係してきます。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性で発症する例はありません。

原因は男性ホルモンにあると言われており治療方法は男性ホルモンを抑制する薬品を使うことになります。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることで効果が発揮されるというものになります。

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くしてしまうものだと考えられます。

成長期が短いということは髪が十分に成長する前に抜けてしまうということなので細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

ネットでAGA治療について検索してみたところ画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には信憑性のほどはいかほど?というようなサイトもありますが経過とともに、かかった費用や使っている薬を紹介してくれるサイトもあるのでためになります。

AGAの治療を開始すると初期脱毛が起こったりするので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのかもしれませんね。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアとミノキシジルという薬があります。

内用薬のプロペシアにはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより毛乳頭や毛母細胞を活性化させるので発毛を促進する効果があります。

ただ、どちらの薬も発毛剤として開発されたものではなくプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。

両者ともに、薄毛改善効果や発毛促進効果があることがわかったため今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題でしたね。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方もたくさんいますよね。

近年、CMや育毛剤にも二枚目俳優さんやロックシンガーの方も起用されてきたのでAGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されてしまうことにより発症します。

AGAを発症すると髪の毛が十分に発達する前に脱毛が始まってしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促す治療法もあります。

2つの方法で治療することも可能ですが健康保険適用外なのでコストがかかってしまうのが難点です。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から意識をして、髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを摂取することを心がけ亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活も無関係ではありません。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要な栄養も血流によって運ばれてくるためAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が固かったりうっ血している人は血流を改善するために頭皮マッサージなどが有効です。

参照:AGA予知できる?【薄毛の原因は遺伝子検査で判るの?!】

AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品ではないので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

プロペシアと同様にミノキシジルにも飲み薬がありますが日本でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

飲み薬のミノキシジルはネットで海外から取り寄せができますがトラブルが遭っても自己責任になってしまうのでお勧めできません。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので価格は販売店に任されています。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

更に処方箋をもらうためには診察を受けなければならないので薬代以外にも再診料や診察料が都度発生することを忘れないでください。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアなどで販売されている医薬部外品よりも効果が高いです。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることでさらに効果が上がるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。